キャッシングの際の勤続年数の信用度

キャッシングの審査での必要最低条件として設けられているのが収入と職業というふたつの項目ですが、これはキャッシングの利用者の信頼度を知るための重要な項目となっています。
キャッシングでの借入金を返済していくには利用者に安定した収入がなければなりません。一時的な収入では返済が困難な状態になってしまう可能性が非常に高くなるからです。特にキャッシングでは無担保での融資を行っているため、万が一にも貸し倒れとならないように利用者に対しては継続的な収入があるということを求めているのです。継続的な収入を得るためには何らかの仕事に就かなければならないということです。
キャッシングの審査では収入と並んで職業も重要な項目となっていますが、雇用の形はそれほど問題にはなりません。近年では正社員としてではなく、派遣社員や契約社員などで働いている人も多いですが、継続的な収入が得られているのであれば特に問題はありません。そのため、どのような雇用体系で働いているのかということは審査の結果にはほとんど影響しないことになります。
キャッシングの審査で雇用体系よりも重視されるのが勤続年数です。勤続年数が短い人と比較した場合、長い人のほうが信用度が上になります。信用度とはこの場合には返済能力を指しますが、頻繁に職場を変える人の場合、再び職場を変える可能性が高く、継続的な収入が途切れてしまう可能性があります。それに対して同じ職場で長年勤務している人の場合には、この先のその職場で働くことが予想できるため信用度が増すのです。