銀行系キャッシングのデメリットは審査に通りにくいこと

銀行系キャッシングとは、銀行が後ろ盾となって融資をおこなっています。原則担保や保証人は必要としません。そのかわり個人の信用を担保にお金を貸します。銀行系は消費者金融系や信販系キャッシングと比べてメリットが一杯です。例えば、消費者金融系や信販系と比べると金利が低めですし、総量規制の対象外なので利用限度額が高めです。それに銀行という大きな後ろ盾があるので、安心、安全感を得ることができます。消費者金融や信販系のような即日融資よりも安心、安全を選ぶタイプの人にはおすすめのキャッシングといえます。ちなみに銀行系キャッシングは、かつては融資実行までに時間がかかるのがデメリットだと言われていました。しかし最近はその点が改善されてきています。銀行系キャッシングであっても即日融資が可能なところもできてきました。そうなると銀行系キャッシングにはまったくデメリットがないことになります。しかしそうとも言い切れません。金利が低く、利用限度額が高い分、リスクが高いのでどうしても審査が厳しくなる傾向があります。ですが、これは金利と利用限度額と比例しているだけであって、銀行系キャッシングでも金利が高めのところや利用限度額が低めのところであれば、審査通過率は高くなっています。ですが比較的消費者金融系や信販系と比べると、銀行系は安心感やお得感があります。ですから審査に通過するのであれば、こちらを選ぶ方がおすすめです。