キャッシングの繰り上げ返済

いざという時に頼みの綱となるキャッシングですが金利が高いのが難点です。支払利息を少しでも減らすためには金利の安いカードローンを選択することも必要ですが、それ以上に早く返すことも重要です。
早く返すためには、繰り上げ返済をする必要がありますが、信販会社によってやり方が異なります。また、場合によっては制限がある場合もあります。
カードローン契約する前に、できれば繰り上げ返済の方法を確認し、自分にとってやりやすい方法なのかを確認する必要があります。
少し面倒ですが、キャッシング利息を少なくするためには必要なことなのです。

繰り上げ返済の方法には、キャッシングをしたとき同様コンビニ等のATMを利用する方法と、信販会社の指定口座に振り込む方法の2つがあります。ATMを利用する方法がキャッシング同様一番楽なのですが、中小規模の信販会社の場合はこれができないケースが多いです。
振込の方法であればどの信販会社でも可能ですが、連絡の必要があることと振込手数料が自分負担であるという欠点があります。
もっとも、繰り上げ返済による利息の軽減額に比べれば、ATMの利用手数料や振込手数料は安いことも確かです。

このようにキャッシングをしたら、できるだけ早く繰り上げ返済をすることで利息も減りますし、カードローンの融資限度額も復活します。
融資限度額が多ければ、カードローンの利用価値は広がります。
キャッシングしたお金はいずれ返済の必要があります。できる限り早く返すことがキャッシングの有効利用のコツです。