おまとめが可能な消費者金融のキャッシング

一般的に消費者金融のキャッシングと言えば、それは貸金業者の提供している商品ですので総量規制の対象となるものだと認識されています。それゆえ、年収の三分の一を超える借り入れはできないのです。それは貸金業法によって定められているれっきとした法律の一種であり、もしも消費者金融がそれを無視して融資を行えば、法律によって処罰されてしまうのです。
ですから、おまとめローンで借金を一本化して返済を楽にしようと思ったら、通常は銀行のおまとめローンを利用しようと考える人が多いものです。実際、銀行は銀行法の適用を受けている金融機関であるため、貸金業法の総量規制の対象とはならないのです。そのため、年収の三分の一を超える融資も問題なく受けることができるのです。
しかし、おまとめは決して銀行の専売特許ではありません。それどころか、実は消費者金融のキャッシングでも、おまとめを利用することは十分に可能なのです。そもそも総量規制というものは、消費者を保護するために作られた規制です。それゆえ、もしも消費者にっとって一方的に有利になるようなキャッシングならば、総量規制の対象にはならないという特例があるのです。
ですから、消費者金融のキャッシングでおまとめを賢く活用して、返済を効率的にすることができるのです。ただし、そのための条件などは会社によって微妙に違ったりすることもありますので、詳細は実際に消費者金融に問い合わせをして確認する必要があります。